浅草寺の正月に初詣へ行った風景

浅草寺の正月に初詣へ行った風景

アクセスのいい最寄駅周辺は混雑見られず

初詣は東京の各神社で見られる風景だが、浅草寺に関しては最早風物詩といっても過言ではなく東京を象徴する風景として国内だけでなく海外でも有名である。そうした情報は私も把握済みで待ち時間とか混雑が苦痛だからあえて元旦での初詣を避け正月三が日に参拝に訪れる。

そんなこんなで浅草の地間でやってきたのだが、実は私は電車を利用しなかった。浅草寺は目と鼻の先に浅草駅があるのでとてもアクセス性がいいのだが大混雑を予想した私は敢えてスカイツリー方面からアクセスを試みたのである。 要するに押上の周辺からはるばる徒歩で吾妻橋をこえてここまで来たのだ。思ったより遠かったので元旦や正月に浅草寺に参拝のために訪れる場合は最寄駅の浅草駅を利用するのが一番アクセス性のいいルートになる。

だが思ったより駅周辺に人はいなかった。これなら何かしら3連休とかの日に行ったほうが人で溢れ返っていただろうと感じた。吾妻橋からよくある風景を撮る人が多少多かったがありきたりすぎるので私は写真を撮らない。 すいすいと横断歩道を渡り浅草寺本堂へと向かう。

そしてこの後ここの本当の怖さを知るのであった。この時点で私は人混みに揉みくちゃにされ心底疲れ果て正月に怨嗟の恨み節を炸裂させることになる。

商店街の人混みが想像を絶する時間帯

浅草寺の正月が実はよく言われている通りの混雑だと思い知るのは商店街へ入ったころからである。あふれんばかりの人々が細い商店街の路地にぎゅうぎゅう詰めになり人を掻き分けて前へと進もうとしている。 自主的かどうか知らないが歩く導線も一方通行になっているから日本人はえらいと言っていいのだろうか。ちなみに食べ物を持ちながら歩くと商店街のおばさんに怒られるので注意。

ここに訪れた時間は大体午前11時のころ。いつもならお昼食べに人が少なくなるのかもしれないが正月ということで皆お昼そっちのけで商店街を歩き本当へと目指す。昼の時間帯でもこの混雑というのだからもう少し早く来ればよかったと後悔したのは言うまでもない。

宝蔵門の下は初詣客でいっぱい

五重塔と宝蔵門の風景はサマになっていて通常なら写真を撮るべき風景なのであるが、正月は無理である。最早この時点で警察による規制がかかり前へ進むにも全員が少しずつという有様になっている。 正直疲れる。真昼間の時間帯といえどもやはり寒い。時速1KMくらいで本堂を目指す待ち時間でも容赦なく冬の寒さを全身で受け止めることになる。

浅草寺の初詣の混雑は半端ないということを身をもって体験することとなったなと、自嘲交じりに反省する自分にカメラのシャッターを構える気力はほとんどなかった。

長い待ち時間を経て本堂へ

本堂が目の前に見えてから何分たっただろうか?10mくらい進んでは止まりを繰り返しやっとの思い出浅草寺本堂へとたどり着く。無論私だけがこんな待ち時間を強いられているわけではなく初詣に訪れた人全員がこんな感じである。 ちなみにいつもなら行き来自由の北方面から本堂を目指すのはおそらく不可能である。帰り際見ていったが帰宅する人専用出口の体裁になっていた。

大きな大きな本堂が目の前にやってくる。ついに階段を上り中に入る。いやー素晴らしい、仏様がいっぱいだーなどと言ったのはおそらく隣の人であり私は神も仏もないからそそくさと端っこのほうへと行く。というより混雑に追いやられたかんじだ。 さすが浅草寺。邪な心を持った人間は破邪顕正とばかりに埒外へと追いやる。

長い待ち時間を必至に耐えたせいか余計に神とか仏とかが憎くなっている自分がいた正月となった。