元旦の東郷神社に初詣へ行った風景

  1. home
  2. 写真で見る東京の風景
  3. 元旦の東郷神社に初詣へ行った風景

混雑少ない元旦はアクセス性がないためか

明治神宮に初詣で訪れた後原宿方面へと抜け東郷神社を訪れる。周囲は家やマンションが立ち並び閑散としていた。駅からも遠く駐車場なども少ないといったアクセス性がまずまずであることも他に見られる混雑のない要因かもしれない。

飾りが誂えられた参拝ルートを通るが、ここもやはり参拝客が少ない。手提げ袋に正月飾りのようなものを手にした人やポケットに手を突っ込んで漫ろに歩く人など静かというよりは閑散とした正月だった。 必勝祈願の所以ともなった東郷平八郎を祀るにもかかわらずあまりに寂しい光景である。因みに私はここに初めて訪れる。

憶測にすぎないが、東郷神社に人が少ない理由として近くに明治神宮があることが挙げられるかもしれない。近場にそんなんがあればやはり明治神宮に初詣客は流れてしまうというのが主因のように思われる。 そんなわけで東郷神社に人気が無かったりアクセスの方法が乏しいとか東郷平八郎は家のおじいちゃんより嫌いということはないはずだ。東郷さん。安心してください。

拝殿前は初詣の人混み

初詣客が少ないという点を強調しすぎたかもしれない。しかし拝殿前まで行ってみると初詣のために訪れた人が並び茅の輪を潜って待っている。拝殿に翻る(風はなかったが)Z旗に必勝祈願しようと並ぼうと思った私だが待ち時間を考慮し諦めた

混雑とまではいかないものの列は長く門のあたりまで伸びていた。ただっぴろい境内でしかも混雑がないことが返って寒さを一入感じさせる。訪れた時間帯は日中だが曇り空で雪も待った元旦において長い待ち時間は勇気がいる感じだ。

しかし参拝した後の充実感はいかばかりか、ということに思いも馳せた。何しろZ旗のある必勝祈願の東郷神社である。そんじょそこらの正月の惰性で初詣に行くような神社と一線を画し参拝の付加価値は高い。 そう考えてもやはり寒いから参拝は諦め正月中にまた来ることを約束できず境内を後にしようとするのだった。

必勝祈願のZ旗が参道に

Z旗は東郷神社の拝殿だけでなく境内や庭園の至る所に立てられているからここは必勝祈願の神社である。さながら栄光への架け橋みたいな参道だから好きな人は好きだろうし今年は勝負の年にしたいと願う人におすすめなんじゃないだろうか。 この風景を見たければ正月中にでも初詣に訪れてみてください。交通アクセスはよくわかりませんが私は原宿駅から来ました。駐車場などは見当たりませんでした。

しかしこの昼の時間帯にもかかわらず人が少ないと感じるのは明治神宮の混雑に浴してきたからだと今になって思う。

静かな東郷神社、だけど参拝には待ち時間

そんなこんなで東郷神社の元旦を終える。閑散とした参道かと思いきや初詣には並ばなければならない。しかし一貫して静かな空気だった。

最後は来た道ではなく赤坂方面へと抜けるようにして帰途に就く。神社を縦走した感じになったが、さほど時間はかからなかったからそんなに大きな敷地ではないことが予想できる。 またお山では霊柩車は来た道を通って帰ってはいけないと教えられた。何故か紅葉が咲いていた境内の道にあるのはやはり必勝祈願のZ旗ののぼり。しかしおみくじ売場がないと感じたのは気のせいだろうか? おみくじを求める人混みもなかった気がする。「必勝」だから幸運など与る必要もないということか。それとも勝利は自分の手で掴まなければならないという東郷さんの戒めか。運任せて取り舵いっぱいは無理だよな。 お山にいたときツキノワグマのおばさんの背中に乗り走っているとコマクサがあり思わずハンドルを切ったのは運ではなく自分判断。

おみくじがあるかどうかは確認してください。